日本と世界のMMA

日本でMMAに携わる皆さん、今、どれくらい危機感を感じています?

先週末のUFCも凄かったですね。試合内容もだし、その大会スケールも。

UFC 227 Dillashaw vs. Garbrandt 2

カリフォルニア州ロサンゼルス大会

入場者数 18,000人
チケット売上 3億円
チケット1人単価 17,000円

バンタム級タイトルマッチ ファイトマネー
ディラショー 3,800万円
ガーブラント 2,200万円

フライ級タイトルマッチ ファイトマネー
セフード 1,100万円
ジョンソン 4,000万円

つまり、メインとセミの2試合4名で1億円のファイトマネーなんです。

UFCでは、こんなレベルの大会が年間20大会も30大会も開催されている。

日本はどうですか?

1試合で1,000万円を超えるファイトマネーを貰ってるMMAのプロ選手が何人いるでしょうか。

俺は、ALIVE 所属で世界で勝負をして来た、日沖発・加藤久輝・久米鷹介のファイトマネーや待遇を、よく団体に交渉します。

興行も名古屋で24回もして来たので、団体の懐具合も計算はできます。

でも、日本の他のマネージャーより選手の待遇アップの交渉はしつこいと思います。

格闘技に携わる皆んなで環境を整えて行かなきゃ。

俺の頭の中では、常に非常ベルが鳴り続けています。